HOME

  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 事業紹介
  • CSR活動
  • 決算公告
  • 資材調達
  • 採用情報

HOME > CSR活動 > 環境への取り組み

環境への取り組み

また、二酸化炭素排出量削減が世界的に注目される中、改正省エネ法に対応した全社のエネルギー管理体制を構築するとともに、各事業所の環境マネジメントシステムに組み込み、省エネルギー活動を展開しています。

  • 環境マネジメント
  • 目標と実績
  • マテリアルバランス
  • 地球温暖化防止/省エネルギー
  • 環境会計
  • 環境コミュニケーション
  • 生物多様性保全
  • グリーン認証
  • 法令遵守の状況

環境マネジメント

方針・体制

2019年度 環境方針

【基本理念】
 大電株式会社は、「環境問題は人類共通の重要課題である」ことを認識し、企業活動のあらゆる面で、よりよい地球環境の保全と効果的なエネルギー使用を通じ、社会に貢献する。

【行動指針】

  • 1.環境法規制及び顧客その他の要求事項を順守し、汚染の予防及び積極的な環境保護に努める。
  • 2.事業活動・製品・サービスにおける環境負荷低減を目指し、次の項目を重点的に取り組む。
    • (1)環境に配慮した製品化
    • (2)環境に配慮した物品の優先的購入
    • (3)有害及び特定化学物質の適正な使用と管理
    • (4)リデュース・リユース・リサイクルの推進
    • (5)エネルギー使用の合理化等による原単位の低減
  • 3.教育を通じ、生物多様性を含めた地球環境保全への貢献及び効果的なエネルギー使用に関する知識と意識の高揚を図る。
  • 4.環境方針は、当社で働く人又は当社のために働く全ての人に周知するとともに、要求に応じて一般に公開する。
環境マネジメント組織図

環境マネジメント組織図

当社は、環境方針のもと上記の管理体制で省エネを含む環境保全活動を実施しています。
近年、有害な環境負荷も維持管理する状態であり、有益な環境側面の取り組みに力を入れています。
当社では有益な環境側面を改善のテーマとして捉え、日々活動を行っています。

会議・教育・監査

全事業所でISO認証を取得

これまで久留米事業所(FA ロボット電線事業部)と本社で同時に取得していたEMS から本社部門を適用除外とし、事業所で完結するシステムとしました。これにより各事業所が独立してマネジメントを行う体制となりました。また佐賀事業所(電線事業部)では、2019 年1 月から新たに営業部門を加え、品質ISO の取り組みを開始しました。

マネジメントレビュー

各事業所で年2 回のマネジメントレビューを実施しています。1 月に開催される前期マネジメントレビューでは、当該年の方針・目標が話し合われます。 2019 年1 月に行われた久留米事業所の前期マネジメントレビューでは、事業所長から「業績の変動はあるものの、要員数や設備導入は当初計画どおり進めるため各部は改善活動に注力して将来に備えること」との指示がありました。

環境教育

内部監査・外部監査

各事業所では、ISO14001 の要求事項やEMSに基づく取り決めが確実に実行されているかを確認するため、審査機関による外部審査と社内監査員による内部監査を実施し、システムの継続的改善に努めています。
また、外部審査や内部監査で発行される「改善の機会」に対しては、「改善提案」として捉え、対応の是非をマネジメントシステムに従って判断の上、システムのスパイラルアップに活かしています。

内部監査・外部審査


内部監査

目標と実績

当社では環境方針や環境関係法規制、環境影響評価結果などをもとに環境目的・目標を設定し、改善活動に積極的に取り組んでいます。

2018年度実績

 2018 年度は、全社で61テーマの取り組みを環境実施計画書に掲げて推進しました。右は代表的な取り組みの目標達成状況です。2018 年は、全社で合計2 件の未達成活動がありました。年度計画が達成できなかった場合は、翌年期首のマネジメントレビューで総括を行い、必要に応じて是正処置を施し、翌年(2019 年)の取り組みに反映させています。

2017年度目標

2019年度目標

 2019年度も引き続き環境に配慮した製品化、3R活動、省エネ、環境配慮活動などに関するテーマを掲げ環境に有益となる活動を推進していきます。

2018年度目標

マテリアルバランス

当社は事業活動が環境に与えた影響をマテリアルバランスで表すとともに、環境保全に関わる費用とその効果を定量的に把握・分析し、環境会計として情報開示しています。

地球温暖化防止/省エネルギー

 当社では2010年4月施工の改正省エネ法に対応したエネルギー管理体制を構築し、エネルギー管理規程やエネルギー管理方針に基づき、省エネを推進しています。

エネルギー使用量とCO2排出量

●エネルギー使用量の推移
エネルギー使用量の推移
●CO2排出量の推移
CO2排出量の推移

省エネルギーの取り組み

●省エネルギー率について
  • 省エネ効率グラフ

    全社電力使用量と省エネ効果の推移(支社・支店等除く)

     省エネ効果(%)とは、省エネ量を電力使用量で割った値です。2015~2018年の具体的な省エネ効果を上記のグラフに、2018年に効果のあった取り組み事例を右上の表に示します。表では2018年度の効果分のみを集計しています。太陽光発電設備は、2017年末に設置され、2018年に効果計上されています。
     当社は、地球温暖化防止のため、積極的に省エネ活動に取り組んでいます。

  • 省エネルギー取り組み内容

※ G はギガを、T はテラを表しています。 K(キロ)の1,000 倍がM(メガ)で、M(メガ)の1,000 倍がG(ギガ)、G(ギガ)の1,000 倍がT(テラ)となります。例えば、19.9GWh は、kWh で表すと、19,900,000kWh(1,990 万kWh)となります。

オフィスでの取り組み

毎年、クールビズ・ウォームビズに取り組んでいます。


クールビズポスター


ウォームビズポスター

また本社では、毎年、遮光・冷却効果がある多種多様なグリーンカーテンを育てています。


ゴーヤ


フウセンカズラ


ヘチマの花

環境会計

 当社では、2008年度より環境会計を実施しており、今回が10回目となります。具体的には環境コストとその効果を定量的に把握するため「環境保全コスト」「環境保全効果」および「環境保全対策に伴う経済効果」を集計しています。

環境保全コスト

 環境保全コストとは、環境負荷発生の防止や抑制、回避、環境影響の除去、発生した被害の回復または、これらに資する取り組みのための投資額および費用額を集計したものです。

環境保全コスト

2018年度の当社の環境保全コストは、投資額3,496 万円、費用額5,911 万円でした。
 投資額は、2017年度に比べ3,122万円減少しました。主に「地球環境保全コスト」が3,158万円減少したことによります。要因としては、2017年度に工場空調機の更新(2,634 万円)や太陽光発電(700 万円)等の大型設備更新を行ったことがあげられます。
 費用額は、2017年度に比べ2,765万円減少しました。2017年度は、「環境損傷対応コスト」としてPCB 処理費用が655 万円計上されていたことに加え、「研究開発コスト」が前年より1,620 万円減少しました。

環境保全効果

 環境保全効果とは、環境負荷発生の防止、抑制または、回避、影響の除去、発生した被害の回復、またはこれらに資する取り組みによる効果を物量単位で集計したものです。

事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 事業活動から排出する環境負荷および廃棄物に関する環境保全効果

環境保全対策に伴う経済効果

 環境保全対策に伴う経済効果とは、環境保全対策を進めた結果、当社の利益に貢献した効果を金額で集計したものです。2017 年度と比べてエネルギー費削減額が560 万円増加したこともあり、経済効果合計額は前年より634 万円の増加となりました。

環境保全対策に伴う経済効果

環境コミュニケーション

環境コミュニケーションの状況 本社・久留米事業所の ISO ニュース(毎月発行)

全社環境ニュース(毎月発行)

CSR報告書の表紙(2014〜2017年)

CSR報告書の表紙(2015〜2018年)

排出通信(毎月発行)

排出通信(毎月発行)

WebサイトCSR活動

WebサイトCSR活動

▼エネルギー管理活動
I.エネルギー管理委員会
▼エネルギー管理実績表
▼環境活動内容
I.イベント情報
II.グリーンだより
III.CSR報告書
IV.環境月間活動
V.方針・目標
▼環境管理実績表
▼環境関連情報
I.社外セミナー・講習会情報
II.環境法情報
III.環境情報 BOX
Ⅳ.環境ニュース
▼環境関連法規
I.環境法規制一覧
II.環境関連法務(報告書等)

社内LAN「環境掲示板」の掲載項目

生物多様性保全

当社では、以下のような生物多様性保全に取り組んでいます。

  • ・植樹、緑化、緑のカーテン
  • ・グリーン調達
  • ・有害及び特定化学物質の適正な管理
  • ・省資源・省エネルギー活動
  • ・ペーパレス化
  • ・再生ドラムの使用
  • ・モーダルシフトの推進
  • ・環境ニュース等を通じた教育啓蒙

2014年からは、生物多様性保全に関して「教育を通じ、生物多様性を含めた地球環境保全への貢献および効果的なエネルギー使用に関する意識の高揚を図る」を全社環境方針に追記し、活動を推進しています。

●グリーンライフ活動

環境保全・生物多様性の取り組みに貢献する活動として、2015年度から「グリーンライフ活動(環境に配慮した暮らし)」を開始しました。活動内容は次のとおりです。

  • ・樹木整備(植樹・整枝・剪定)
  • ・花壇整備(土壌づくり、植栽、追肥、消毒)
  • ・緑地、芝地整備(除草、雑草対策、芝生手入れ)
  • ・グリーンカーテンの推進
  • ・事務所内緑化推進
  • ・夏季の散水、打ち水

本社グリーンカーテン

本社グリーンカーテンBefore
Before
本社グリーンカーテンAfter
After

久留米事業所 花壇整備

久留米事務所花壇整備Before
Before
久留米事務所花壇整備After
After

グリーン認証

久留米事業所は、2006年 リコー株式会社よりリコーグループ化学物質管理システム認証制度認定を取得、2008年 ソニー株式会社よりソニーグリーンパートナー認定証を取得し、2年毎に更新しています。

法令遵守の状況

●法令遵守への取り組み

 法的責任者を設け、法令遵守に取り組んでいます。また、環境法規制等一覧表を運用し、定期的に遵守状況をチェックしています。新たに改正された法令については、環境エネルギー推進会議、環境ニュース、関係者へのメール等で改正内容の周知徹底を行っています。

●廃棄物の処理及び清掃に関する法律

○水銀使用製品産業廃棄物
 2018 年10 月1 日の法改正により、水銀回収を更に促進するために新たに「水銀使用製品産業廃棄物」等が廃棄物区分として設定され、他の産業廃棄物と区別して保管・回収することが義務付けられました。 当社では、主に使用済みの蛍光灯が該当するため、専用容器での保管による他の廃棄物との区別等の措置を講じております。

●ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法

 2016 年5 月にPCB 廃棄物の保管や処分等を定めた「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が施行されました。
 PCB 廃棄物を保管する事業者は、毎年、保管・処分状況を都道府県等への届出が義務付けられています。事業者は、処分期限までに自社にPCB 使用製品やPCB 廃棄物がないかどうかを調査し、発見されれば、定められた期間内に処分する必要があります。
 当社は、社内標準(廃棄物管理標準)を定め、高濃度(安定器等の油に含まれているPCB の重量の割合が0.5% 超)および低濃度PCB(0.5% 以下)使用製品を把握、管理しており、法の定める期限内に処分いたします。

●エネルギーの使用の合理化等に関する法律

 当社は、特定事業者(エネルギー年間使用量1500KL 以上)であるとともに佐賀事業所が第二指定工場(同1500KL 以上)でもあるため、全社で省エネルギー活動の高度化に取り組んでいます。
 2018 年度は、各事業所を中心に、エネルギー使用量の低減に取り組みましたが、エネルギー使用量の過半を占める佐賀事業所での生産量等の影響もあり、エネルギー原単位は前年対比で100.5% となりました。これらの結果を踏まえ、前年度に引き続き第2 回エネルギー管理委員会を開催し、原単位低減のためのエネルギー管理活動計画について確認しました。
また、省エネ活動の推進を目的とした会議体についても毎月行っており、最新技術の情報共有や自社に合った施策について具体的に協議しています。
 当社は、支店等を含む全社が一丸となってエネルギー原単位の年1% 以上の低減に取り組み、地球温暖化防止対策に貢献することを目指します。

各事業所の環境法令遵守状況
法令順守の状況
環境法令遵守の状況は上記表の通りです。2018年度は環境法令違反はありませんでした。

【環境への取り組みに関する受賞歴】
1989年(平成元) 佐賀工場がエネルギー管理優良工場として福岡通産局長賞を受賞
1995年(平成7) 本社工場が花壇や緑が地域の緑化に貢献したとして久留米市から表彰を受ける
1996年(平成8) 佐賀工場がエネルギー管理優良工場として資源エネルギー庁長官賞を受賞
2001年(平成13) 久留米事業所がエネルギー管理優良事業所として九州経済産業局長賞を受賞
2008年(平成20) 31fコンテナ輸送で㈳日本物流団体連合会から物流環境特別賞を受賞
2009年(平成21) 31fコンテナ輸送で九州グリーン物流パートナーシップ推進事業会長賞を受賞
31fコンテナ輸送で国土交通省から環境優良企業賞を受賞
2015年(平成27) 久留米事業所が3R活動の推進に貢献したとして福岡県から
福岡県循環型社会形成推進功労者知事表彰を受賞
環境への取り組み|大電株式会社

製品情報|製品種別毎の専用サイトへ移動します。

ネットワーク機器サービスサイトへ

ネットワーク機器
サービスサイト

メディアコンバータ・スイッチングハブ等の製品情報を掲載しています。

MORE

電線/電力機器サービスサイトへ

電線/電力機器
サービスサイト

電力ケーブル・通信ケーブル・光ファイバケーブル・電力用機材の製品情報を掲載しています。

MORE

FAロボットケーブルサービスサイトへ

FAロボットケーブル
サービスサイト

ロボットケーブル・OAケーブル・ハーネス加工品の製品情報を掲載しています。

MORE

産業機器サービスサイトへ

産業機器
サービスサイト

油圧バルブ・バッテリーインジケータ等の製品情報を掲載しています。

MORE

蛍光体サービスサイトへ

蛍光体
サービスサイト

白色LED用蛍光体・一般照明(蛍光ランプ)用蛍光体等の製品情報を掲載しています。

MORE

ページの先頭へ戻る